九州最後の炭鉱「池島」より

2001年に閉山した九州最後の炭鉱「池島炭鉱」。その池島の歴史、見所、行き方、そして今を綴ります。

58 リアクション

寺田克也作「悟空、池島を飛ぶ」が池島中央会館で見れます。


先月ようやく寺田さんの絵を池島中央会館に展示できたので、だいぶ時間が経ちますが昨年開催した長崎炭鉱島クリエーターズツアーの続きを書きます。
2013.6.18〜19 開田裕治さんを中心とする22名のクリエーターが長崎に集まり、池島と軍艦島を視察しました。池島の見学に関しては【池島視察編】をご覧ください。


「池島」での視察時、坑内見学終了後、地域との交流として池島小中学校で「イラストレーターと絵を描こう」を開催しました。
開田さんは小中学生に絵(ドラゴン)の描き方を教えるワークショップを、寺田さんは悟空と池島をモチーフにしたライブドローイングを行いました。


動画を見ていただければわかりますが下書きはありません。寺田さんはマッキーを手に取ってから30秒くらいで描きはじめ、時々絵と距離をおきながら迷う事無く線を描き、記念撮影など挟みつつも、約1時間で絵を完成させてしまいました。
模造紙2枚分という大きなキャンパスにすらすらと絵が描かれていく様子はまるで魔法のようでした。


この絵は現在、池島中央会館の1Fロビーに展示しており、どなたでも間近でご覧になれます。池島を訪れたら是非中央会館を訪れ寺田さんの絵もご覧になってください。

・関連リンク
長崎炭鉱島クリエーターズツアー【池島視察編】
池島で唯一の宿泊施設「池島中央会館」
開田無法地帯TOP(開田裕治さんの公式サイト)
terras book(寺田克也さんの公式サイト)
terra’s book blog

登録カテゴリ: 寺田克也 terada katsuya 長崎 池島 nagasaki クリエーターズツアー 開田裕治

3 リアクション

教育と池島
一昨年から少しずつ始まっていた大阪大学の「池島プロジェクト」が、今期より正式な授業として開始しました。
距離的には遠い大学ですが、事前の予習を繰り返し9月には泊まり込みで池島での実地調査も行うことで、産炭地「池島」から戦後の日本史を読み解くという意欲的な授業です。私も現地のコーディネーターとして参加しています。
なお、今回のプロジェクト開設にあたり特設サイトも作られています。
このサイトは今後「長崎外国語大学」やその他の「池島プロジェクト」に参加する教育機関の活動をまとめるポータルサイトに発展するようです。
 
池島に一番近い大学「長崎外国語大学」も、プロジェクト科目として昨年から池島の地域振興に取り組んでいます。
池島のパンフレットを作ったり、映像で池島を残すプロジェクトなどあり、今後の成果物が楽しみです。
また、4月5日、長崎大学教育学部新入生と教員の272名が、研修で池島を訪れました。炭鉱見学をはじめとしてウォークラリーなどを通して、長崎の歴史の一端に触れるとともに、友人との親交を深められたのではないかと思います。
それぞれの学校で目的は違えど、学生さんたちが島に来るとそれだけで活気が出ますし、学生さんたちのネットワークで池島の認知も広がる事から、池島を教育の場として使っていただけることは嬉しいです。
池島では今後も教育の場として使ってくださる教育機関を募集しています。観光的な観点で遠足として訪れていただくのも大歓迎ですし、炭鉱を中心としたロジスティックスやエネルギー史の調査、産業遺産の活用、離島の生態系調査、島の地域振興など様々な観点で池島を訪れていただければと思います。
大学連携の話題はこちらをクリックしてください。■池島の教育機関・研究機関受け入れ実績
長崎大学
大阪大学
長崎外国語大学
長崎ウエスレヤン大学
近畿大学
大阪産業大学
日本家政学会九州支部
その他、全国の中学・高校が社会科見学の場として池島を訪れています。
池島にご興味のあるご担当者様はお気軽に小島(ikeshimakankou@gmail.com)までご相談ください。

教育と池島



一昨年から少しずつ始まっていた大阪大学の「池島プロジェクト」が、今期より正式な授業として開始しました。
距離的には遠い大学ですが、事前の予習を繰り返し9月には泊まり込みで池島での実地調査も行うことで、産炭地「池島」から戦後の日本史を読み解くという意欲的な授業です。私も現地のコーディネーターとして参加しています。
なお、今回のプロジェクト開設にあたり特設サイトも作られています。
このサイトは今後「長崎外国語大学」やその他の「池島プロジェクト」に参加する教育機関の活動をまとめるポータルサイトに発展するようです。
 

池島に一番近い大学「長崎外国語大学」も、プロジェクト科目として昨年から池島の地域振興に取り組んでいます。
池島のパンフレットを作ったり、映像で池島を残すプロジェクトなどあり、今後の成果物が楽しみです。


また、4月5日、長崎大学教育学部新入生と教員の272名が、研修で池島を訪れました。炭鉱見学をはじめとしてウォークラリーなどを通して、長崎の歴史の一端に触れるとともに、友人との親交を深められたのではないかと思います。

それぞれの学校で目的は違えど、学生さんたちが島に来るとそれだけで活気が出ますし、学生さんたちのネットワークで池島の認知も広がる事から、池島を教育の場として使っていただけることは嬉しいです。

池島では今後も教育の場として使ってくださる教育機関を募集しています。観光的な観点で遠足として訪れていただくのも大歓迎ですし、炭鉱を中心としたロジスティックスやエネルギー史の調査、産業遺産の活用、離島の生態系調査、島の地域振興など様々な観点で池島を訪れていただければと思います。
大学連携の話題はこちらをクリックしてください

■池島の教育機関・研究機関受け入れ実績
長崎大学
大阪大学
長崎外国語大学
長崎ウエスレヤン大学
近畿大学
大阪産業大学
日本家政学会九州支部

その他、全国の中学・高校が社会科見学の場として池島を訪れています。

池島にご興味のあるご担当者様はお気軽に小島(ikeshimakankou@gmail.com)までご相談ください。

登録カテゴリ: 教育 大学連携 池島 離島 長崎

4 リアクション

4月17、24日ドォーモで池島が紹介されます。


先日、KBC「ドォーモ」の中島さん、長岡さんが池島を訪れ、「炭鉱見学」をはじめとして、普段は公開されていない炭鉱風呂や立坑などを取材されました。ラストではかあちゃんの店でちゃんぽんの取り合いも…。

放送は、4月17日、24日の2週に渡って放送されるそうです。ご覧になれる方は是非ご覧になってください。

登録カテゴリ: メディア 離島 長崎 池島 お知らせ kbc

2 リアクション

池島町並みアーカイブ


「2014年3月26日現在」の池島写真をクリックするとリンク先に飛びます。
 
GPSのタグ付き写真をGoogle Mapに張り込んだものです。
ページをスクロールしていただければ写真1枚1枚が表示されているので、池島の雰囲気がわかりやすいのではないかと。(その分重いです)
ただ、撮影してからこの一週間程度の間にすでに風景が変わってしまいました…

私の任期も残り半年となりましたが、こういったアーカイブの作り方を覚えたので月に1度くらいこうして記録を残しておきたいと思っています。
私が10年前、20年前の池島の町並みを知りたいように、10年後20年後に2014年の池島の町並みを知りたい人が出てくるかもしれないので。


なお、このMAPの制作には…
1.GPSと写真記録にiPhoneアプリ「myTracks
2.GPSと写真をGoogle MAPにするにあたり「(Windows ソフト)」を使っています。
Google EarthのMAPなんかも作ってみましたが、写真が多いと見づらいので公開は止めました。

登録カテゴリ: 町並み 長崎 離島 産業遺産 池島 ikeshima nagasaki

0リアクション

2014年 第七回ステップUP池島釣大会4月20日開催!
毎年春の恒例となっています「池島釣大会」。今年はゴールデンウィークを避けて4月20日に開催することになりました。(荒天時4月27日に延期。延期判断は前日15時)
釣大会は午前5時半から受付スタート。検量は13時半まで。
今大会で検量対象になるのは、チヌ・クロ・他魚〔マダイ・イシダイ・バリ・ボラ・アラカブ・スズキ等(アナゴ、タチウオ、イカ等長物含まず)〕の 3 種となります。
なお、一般の部門(高校生以上の男性)、レディース部門(高校生以上)、こども部門の3部門になります。
また、釣大会以外にも、子ども用にプールを使った「魚つかみ(水着をご持参ください)」や「貝釣り」があったり、トロッコを使った炭鉱体験も行います(短縮版)。
その他、食のふるまい(豚汁・餅)やお弁当の販売などもありますので、お昼の用意をせずに来ても大丈夫ですよ!数に限りはありますが、釣り竿のレンタルもあります。なお当日は佐世保・大島・神浦の各港から専用チャーター船が出ます!■池島行きチャーター高速船
佐世保6:50発 大島7:20発 神浦8:00発 池島8:15着
■池島行きチャーター瀬渡し船
神浦-池島間 2隻体制で5:00よりピストン運行
■池島発チャーター船
池島16:00発 神浦16:15着 大島16:55着 佐世保17:30着
※チャーター船・瀬渡し船はいずれもどこから乗っても 片道大人500円、小人250円
大会の詳細は「第7回ステップUP池島釣大会要項書(PDF)」をご覧ください。
また、池島のどこでどんな魚が釣れるのかは「池島釣りマップ(PDF)」をご覧ください。前回の様子
・2013年第六回ステップUP池島釣大会を開催しました。
・2013年第六回ステップUP池島釣大会の結果
・2012年第五回ステップUP池島釣大会 終了しました!
・2012年第五回ステップUP池島釣大会入賞者

2014年 第七回ステップUP池島釣大会4月20日開催!



毎年春の恒例となっています「池島釣大会」。今年はゴールデンウィークを避けて4月20日に開催することになりました。(荒天時4月27日に延期。延期判断は前日15時)
釣大会は午前5時半から受付スタート。検量は13時半まで。
今大会で検量対象になるのは、チヌ・クロ・他魚〔マダイ・イシダイ・バリ・ボラ・アラカブ・スズキ等(アナゴ、タチウオ、イカ等長物含まず)〕の 3 種となります。
なお、一般の部門(高校生以上の男性)、レディース部門(高校生以上)、こども部門の3部門になります。

また、釣大会以外にも、子ども用にプールを使った「魚つかみ(水着をご持参ください)」や「貝釣り」があったり、トロッコを使った炭鉱体験も行います(短縮版)。
その他、食のふるまい(豚汁・餅)やお弁当の販売などもありますので、お昼の用意をせずに来ても大丈夫ですよ!数に限りはありますが、釣り竿のレンタルもあります。

なお当日は佐世保・大島・神浦の各港から専用チャーター船が出ます!

■池島行きチャーター高速船
佐世保6:50発 大島7:20発 神浦8:00発 池島8:15着
■池島行きチャーター瀬渡し船
神浦-池島間 2隻体制で5:00よりピストン運行

■池島発チャーター船
池島16:00発 神浦16:15着 大島16:55着 佐世保17:30着

※チャーター船・瀬渡し船はいずれもどこから乗っても 片道大人500円、小人250円


大会の詳細は「第7回ステップUP池島釣大会要項書(PDF)」をご覧ください。
また、池島のどこでどんな魚が釣れるのかは「池島釣りマップ(PDF)」をご覧ください。


前回の様子
2013年第六回ステップUP池島釣大会を開催しました。
2013年第六回ステップUP池島釣大会の結果
2012年第五回ステップUP池島釣大会 終了しました!
2012年第五回ステップUP池島釣大会入賞者

登録カテゴリ: 釣り 釣大会 長崎 離島

4 リアクション

3月30日心斎橋『池島カフェ』を行います。
3月30日(日)17:30〜21:00 大阪心斎橋のafuにて「池島カフェ」を行います。
このイベントでは全三部構成で池島の現在、過去、未来を語ります。
どこからご参加&ご退場いただいても構いません。■第一部(17:30〜18:50)は池島炭鉱が稼働している時の映画「海底炭鉱に生きる」を上映。■第二部(19:00〜19:50)は、関西を拠点に全国各地の産業遺産の活用・記録・見学を行うNPO法人J-heritage理事長前畑洋平氏を迎え「池島の魅力」の魅力について語り合います。炭鉱見学だけではない池島で「何を見るべきか」を話せればと思います。■第三部(20:00〜21:00)は、池島で授業を行う長崎外国語大学の講師成瀬氏と、4月から池島でのフィールドワークを導入する中村氏・市田氏によるディスカッション。教育を軸に池島では何ができるのか?今の池島には何が必要なのか?などを語っていただきます。日時 2014年3月30日(日)17:30〜21:00
   17:40から映画『海底炭鉱に生きる』上映
会場 afu 会ふ
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-9
商都ビル 屋上(心斎橋駅,四ツ橋駅より徒歩3分)
TEL:080-4010-3989
会費 1000円(1ドリンク付き)
司会  小島健一(池島地域おこし協力隊)
    成瀬尚志(長崎外国語大学特任講師)
ゲスト 前畑洋平(NPO法人J-heritage理事長)
    中村征樹(大阪大学全学教育推進機構准教授)
    市田秀樹(大阪大学 e-square 助教)
イベントのお申し込みやお問い合わせはFacebookページまたはikeshimakankou@gmail.comまで。
なお、当日のご参加も可能です。
afu 会ふ http://a-fu.org/ 
NPO法人 J-heritage(ジェイヘリテージ)|産業遺産を巡る旅ヘリテージツーリズム http://j-heritage.org/ 
ようこそ炭鉱体験「池島」へ-Ikeshima http://ikeshima.info/ 

3月30日心斎橋『池島カフェ』を行います。


3月30日(日)17:30〜21:00 大阪心斎橋のafuにて「池島カフェ」を行います。
このイベントでは全三部構成で池島の現在、過去、未来を語ります。
どこからご参加&ご退場いただいても構いません。

■第一部(17:30〜18:50)は池島炭鉱が稼働している時の映画「海底炭鉱に生きる」を上映。

■第二部(19:00〜19:50)は、関西を拠点に全国各地の産業遺産の活用・記録・見学を行うNPO法人J-heritage理事長前畑洋平氏を迎え「池島の魅力」の魅力について語り合います。炭鉱見学だけではない池島で「何を見るべきか」を話せればと思います。

■第三部(20:00〜21:00)は、池島で授業を行う長崎外国語大学の講師成瀬氏と、4月から池島でのフィールドワークを導入する中村氏・市田氏によるディスカッション。教育を軸に池島では何ができるのか?今の池島には何が必要なのか?などを語っていただきます。


日時 2014年3月30日(日)17:30〜21:00
   17:40から映画『海底炭鉱に生きる』上映
会場 afu 会ふ
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-9
商都ビル 屋上(心斎橋駅,四ツ橋駅より徒歩3分)
TEL:080-4010-3989
会費 1000円(1ドリンク付き)

司会  小島健一(池島地域おこし協力隊)
    成瀬尚志(長崎外国語大学特任講師)
ゲスト 前畑洋平(NPO法人J-heritage理事長)
    中村征樹(大阪大学全学教育推進機構准教授)
    市田秀樹(大阪大学 e-square 助教)

イベントのお申し込みやお問い合わせはFacebookページまたはikeshimakankou@gmail.comまで。
なお、当日のご参加も可能です。


afu 会ふ http://a-fu.org/ 
NPO法人 J-heritage(ジェイヘリテージ)|産業遺産を巡る旅ヘリテージツーリズム http://j-heritage.org/ 
ようこそ炭鉱体験「池島」へ-Ikeshima http://ikeshima.info/ 

登録カテゴリ: イベント お知らせ 長崎 池島

3 リアクション

ここ数年池島に通い、島内や、この島に住む人々を撮影している日大芸術学部写真学科の小池雄之さん。
卒業制作で学内選抜を受け3月6日から12日まで四谷のポートレートギャラリーで展示を行うそうです。
池島にご興味ある方はもとより、写真にご興味ある方は是非訪れてみてください。

四谷ポートレートギャラリー
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html

なお、小池さんの作品の一部は池島中央会館にも飾られているので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ここ数年池島に通い、島内や、この島に住む人々を撮影している日大芸術学部写真学科の小池雄之さん。
卒業制作で学内選抜を受け3月6日から12日まで四谷のポートレートギャラリーで展示を行うそうです。
池島にご興味ある方はもとより、写真にご興味ある方は是非訪れてみてください。

四谷ポートレートギャラリー
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html

なお、小池さんの作品の一部は池島中央会館にも飾られているので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

登録カテゴリ: 写真展 離島 長崎

2 リアクション

【東京】3/9『見学ナイトvol.15 池島からの報告』を開催します。社会科見学に行こう!presents
『見学ナイトvol.15 池島からの報告』
OPEN 18:00 / START 19:00   18:05より映画「海底炭鉱に生きる」上映
END 22:00予定
会場:阿佐ヶ谷ロフトA 電話:03-5929-3445東京都杉並区阿佐谷南1-36-16ーB1 JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分
予約¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
ご予約はロフトAのWEBサイト↓からお願いします。http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/21183
【ゲスト】オープロジェクト、開田裕治(怪獣絵師)、開田あや(官能小説家)、他
【司会】小島健一(社会科見学に行こう!主宰。池島在住)、柴尾英令(ゲームクリエーター)
 
1月26日(日)に長崎で開催する「池島カフェ 小島健一が語る池島体感記」に続き、3月9日(日)は東京(阿佐ヶ谷ロフトA)で「見学ナイト 池島からの報告」を開催します。
「池島カフェ」は、この2年間で池島がどうなったか。何が起きているのか?という「現象」を主に語るのに対し、ロフトAで開催する「見学ナイト」は、開田夫妻や柴尾さんらいつものメンバーと池島を「見学」という観点から語ります。
なお「見学ナイト」はゲストに軍艦島全景のオープロジェクトさんが参加してくれる事になりました。オープロジェクトは軍艦島だけでなく実は2004年から池島の映像も撮っており、当日は今では封鎖されてしまった海底320mの坑内や、選炭工場などの映像の一部をお見せいただけるかと思います。
また、炭鉱見学だけでなく「池島に行くならここも見たほうがいいよ」という観光客ではなななか行きづらい部分を紹介し、離島としての池島をまるごと見学するようなイベントにする予定です(このイベント参加者を対象にした池島の見学会を4月あたりに開催できればと思っています)。
そうそう、18時の開場から19時の開演までの1時間池島炭鉱の映画「海底炭鉱に生きる -池島からの報告-(協力:三井松島産業)」を上映します。是非開場時間に到着し映画もご覧になってください。

【東京】3/9『見学ナイトvol.15 池島からの報告』を開催します。


社会科見学に行こう!presents
『見学ナイトvol.15 池島からの報告』

OPEN 18:00 / START 19:00  18:05より映画「海底炭鉱に生きる」上映
END 22:00予定
会場:阿佐ヶ谷ロフトA 電話:03-5929-3445
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16ーB1 JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分
予約¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
ご予約はロフトAのWEBサイト↓からお願いします。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/21183

【ゲスト】オープロジェクト開田裕治(怪獣絵師)、開田あや(官能小説家)、他
【司会】小島健一(社会科見学に行こう!主宰。池島在住)、柴尾英令(ゲームクリエーター)
 
1月26日(日)に長崎で開催する「池島カフェ 小島健一が語る池島体感記」に続き、3月9日(日)は東京(阿佐ヶ谷ロフトA)で「見学ナイト 池島からの報告」を開催します。

「池島カフェ」は、この2年間で池島がどうなったか。何が起きているのか?という「現象」を主に語るのに対し、ロフトAで開催する「見学ナイト」は、開田夫妻や柴尾さんらいつものメンバーと池島を「見学」という観点から語ります。

なお「見学ナイト」はゲストに軍艦島全景のオープロジェクトさんが参加してくれる事になりました。オープロジェクトは軍艦島だけでなく実は2004年から池島の映像も撮っており、当日は今では封鎖されてしまった海底320mの坑内や、選炭工場などの映像の一部をお見せいただけるかと思います。
また、炭鉱見学だけでなく「池島に行くならここも見たほうがいいよ」という観光客ではなななか行きづらい部分を紹介し、離島としての池島をまるごと見学するようなイベントにする予定です(このイベント参加者を対象にした池島の見学会を4月あたりに開催できればと思っています)。


そうそう、18時の開場から19時の開演までの1時間池島炭鉱の映画「海底炭鉱に生きる -池島からの報告-(協力:三井松島産業)」を上映します。是非開場時間に到着し映画もご覧になってください。

登録カテゴリ: お知らせ イベント

9 リアクション

池島内での変化(撤去や解体)


このところ池島内ではいたるところで撤去や解体、柵や有刺鉄線設置工事が行われています。
2012年9月の台風が直撃したために運転席を支えるパイフ折れてしまったジブローダーは、運転席部分を撤去。炭鉱時代池島に住む方々の生活を支えていた松島商事のスーパーも解体。
たまたまタイミングが重なっただけではありますが、公営住宅の33〜37号棟の一部も解体撤去されます。
なお、2~3月の間(今年度中)に、島内で20箇所弱、開閉式のフェンスや立ち入りを遮断するための有刺鉄線を設置するそうです。危険ですので工事現場には立ち入らないようお願いします。

なお、これらの工事によって、島がまるごと昭和から時が止まっていたような池島も景観が変わってくる事が予想されます。
炭鉱アパート(八階建てアパート)や造水施設(火力発電所)、ジブローダーの完全撤去などの話題は今のところ出ていませんが、今後どうなっていくかわかりません。
池島に「炭鉱の島」という町の雰囲気や、炭鉱ゆかりの産業遺産を求めていらっしゃる方はなるべく早めにいらしてください。また、「炭鉱さるく」だけではそれらをよく見学する事はできません。せっかく池島にいらしたならば「炭鉱さるく」とは別に時間をとって島内を巡ってみてください(一周5km程度。写真を撮りながらで3〜4時間といったとろ)。失われてしまう景観をあなたの記憶やフィルムに焼き付けてください。
 

登録カテゴリ: 産業遺産 離島 長崎 池島

20 リアクション

池島鉱業所倶楽部で使われていた箸袋(池島音頭)


池島炭鉱閉山前、仕事で池島炭鉱を訪れた方が取っておいた「池島鉱業所倶楽部」の箸袋をいただきました。
そこには池島音頭の歌詞が書いてあります。

池島音頭 作詞:小野 温 作曲:天地真佐雄
  1)ここは池島 石炭どころ
  沖ぢゃ鯨がヨー 潮を吹く
  五島の権十どんが 赤兵児しめて
  相撲とりきた覗石 ショイ
   ※掘れごっとり炭の山 
    ホナコテ池島 ヨカトロコ
    ショイ ショイ ショイ ショイ

2)月の出頃に 汽笛を鳴らし
  船は出て行くヨー 鏡池
  誰を松島 松原越しに
  瀬戸の明かりが呼ぶ チラチラと
   ※繰り返し

3)波の荒さに 鍛へた度胸
  切羽千尺ヨー 御安全
  お前先山 俺ら後向で
  胸毛流れる玉の汗 ショイ
   ※繰り返し

4)島の鵜の鳥りゃ 日暮にゃ帰る
  嬶(かかあ)が待つぢゃろヨー 飯たいて
  雲丹のうるかで 一杯やろか
  小立 大立 夫婦岩 ショイ
   ※繰り返し
池島音頭は今でもお祭りや運動会などで踊ることがあります。今度機会があれば動画を撮って残しておきます。
 

登録カテゴリ: 懐物 長崎 池島 池島炭鉱

5 リアクション

1/26『池島カフェ ~小島健一が語る池島体感記』を開催します。
池島ってどんなところ?
かつて炭鉱の島として栄えた池島は、2011年から2013年にかけて来島者が10倍以上に急増加した。
今、池島で何が起きているのか?地域おこし協力隊として埼玉から池島に移り住んだ小島健一の目から見える池島を語らう池島カフェ。
ソーシャルアクションや教育のスペシャリストを交えて池島の未来を展望します。
日  程:1月26日(日)
開場13:00(海底炭鉱に生きる上映 協力:三井松島産業)

「「海底炭鉱に生きる一池島からの報告一」
撮影が困難な坑内や、海上ボーリングなど土木記録映像が好きな方には堪らない映像が目白押しです。なかなかのレア映像なので、お越しになる方は開場時間に来て映画もご覧になってください。 
イベント開始14:00~   懇親会16:40~(18時終了予定)
イベント参加費用:500円(ドリンク代別)  懇親会参加費:500円(ドリンクを含む) 
会  場:浜ん町商店街 好文堂書店 4Fホール 長崎市浜町8-29
総合司会: 長崎外国語大学 特任講師 成瀬尚志長崎市地域おこし協力隊池島担当 小島健一☆第一部:池島とは? 
池島についての概要説明。池島で撮影された作品などの紹介。☆第二部:ソーシャルアクションと池島
日本にいち早くコワーキングをもたらし、ソーシャルマラソン(シャルソン)を発案し、さらには「パクチーハウス東京」を経営する佐谷氏と、利己を利他にするという理念の元「秋葉原菜園」や「うち水っ娘」を企画する真田氏を迎え、池島で今何が起きているのか?また何ができるのかを語る。ゲスト株式会社「旅と平和」代表 佐谷恭NPO法人「リコリタ」代表 真田武幸
☆第三部:教育と池島 
プロジェクト型授業を通して長崎外国語大学や大阪大学は学生に何を伝えたいのか?また学生と池島にとって何が残るのか現役の教員と学生を交えて語らう。ゲスト大阪大学 全学教育推進機構 准教授 中村征樹大阪大学 e-square 助教 市田秀樹
長崎外国語大学「池島プロジェクト」メンバー

イベント主催:長崎外国語大学
イベント協力:ようこそ炭鉱体験「池島」へ
フライヤー制作協力:平山広孝
イベントの参加申込は↓でお願いします。FacebookユーザーFacebookのユーザーで無い方(こくちーず)
追記:13時の開場から14時の開演時間ならびに懇親会で「「海底炭鉱に生きる一池島からの報告一」」を上映する事になりました。協力:三井松島産業


3月9日(日)、阿佐ヶ谷ロフトAでも池島関連のイベントを行います。詳細が確定次第エントリーをアップします。

1/26『池島カフェ ~小島健一が語る池島体感記』を開催します。


池島ってどんなところ?
かつて炭鉱の島として栄えた池島は、2011年から2013年にかけて来島者が10倍以上に急増加した。
今、池島で何が起きているのか?地域おこし協力隊として埼玉から池島に移り住んだ小島健一の目から見える池島を語らう池島カフェ。
ソーシャルアクションや教育のスペシャリストを交えて池島の未来を展望します。

日  程:1月26日(日)
開場13:00(海底炭鉱に生きる上映 協力:三井松島産業)


「海底炭鉱に生きる一池島からの報告一」
撮影が困難な坑内や、海上ボーリングなど土木記録映像が好きな方には堪らない映像が目白押しです。なかなかのレア映像なので、お越しになる方は開場時間に来て映画もご覧になってください。
イベント開始14:00~ 懇親会16:40~(18時終了予定)
イベント参加費用:500円(ドリンク代別)  懇親会参加費:500円(ドリンクを含む)
会  場:浜ん町商店街 好文堂書店 4Fホール 長崎市浜町8-29

総合司会:
長崎外国語大学 特任講師 成瀬尚志
長崎市地域おこし協力隊池島担当 小島健一

☆第一部:池島とは? 
池島についての概要説明。池島で撮影された作品などの紹介。

☆第二部:ソーシャルアクションと池島
日本にいち早くコワーキングをもたらし、ソーシャルマラソン(シャルソン)を発案し、さらには「パクチーハウス東京」を経営する佐谷氏と、利己を利他にするという理念の元「秋葉原菜園」や「うち水っ娘」を企画する真田氏を迎え、池島で今何が起きているのか?また何ができるのかを語る。
ゲスト
株式会社「旅と平和」代表 佐谷恭
NPO法人「リコリタ」代表 真田武幸

☆第三部:教育と池島
プロジェクト型授業を通して長崎外国語大学や大阪大学は学生に何を伝えたいのか?また学生と池島にとって何が残るのか現役の教員と学生を交えて語らう。
ゲスト
大阪大学 全学教育推進機構 准教授 中村征樹
大阪大学 e-square 助教 市田秀樹
長崎外国語大学「池島プロジェクト」メンバー

イベント主催:長崎外国語大学
イベント協力:ようこそ炭鉱体験「池島」へ
フライヤー制作協力:平山広孝


イベントの参加申込は↓でお願いします。
Facebookユーザー
Facebookのユーザーで無い方(こくちーず)


追記:13時の開場から14時の開演時間ならびに懇親会で「「海底炭鉱に生きる一池島からの報告一」」を上映する事になりました。協力:三井松島産業

3月9日(日)、阿佐ヶ谷ロフトAでも池島関連のイベントを行います。詳細が確定次第エントリーをアップします。

登録カテゴリ: イベント お知らせ 池島 離島 長崎 大学連携

1 リアクション

「池島における産業遺産の活用と問題点」土木学会誌2013年12月号


私事ではありますが、土木学会誌2013年12月号に寄稿しました。

特集 ニッポンの離島
─知る、守る、活用する─
「池島における産業遺産の活用と問題点」小島健一
http://www.jsce.or.jp/journal/thismonth/index.shtml

池島の紹介、炭鉱さるくの紹介、観光を行う上での課題などを書きました。どこかで見かけたらご覧になってください。

登録カテゴリ: メディア 雑誌 池島 離島

2 リアクション

池島×大阪大学『池島フィールド ワークセミナー2013』まとめ映像


ハンダイ池島プロジェクト「池島フィールド ワークセミナー2013」

9月にお越しいただいた大阪大学の「池島フィールドワークセミナー」のまとめ映像です。
関連エントリー:
大阪大学との連携プロジェクトが始まります
9月4日「若者から見た池島の魅力」が開催されます。


今年はプレセミナーという事で、来年度、本格的なフィールドワークが開始されます!
来年は学生さんたちが池島でどんな調査をしてくださるのか楽しみですね〜

登録カテゴリ: 映像 池島 大学連携 動画

2 リアクション

AMラジオ「録音風物誌」で聴く池島の音


その土地の「音」で番組を構成する「録音風物誌」。
http://kayoukai.bizon.jp/rokuon/
 
11月に池島で収録が行われたのですが、12月23〜29日、北は北海道、南は沖縄まで様々なAM局で放送されるそうです。
http://kayoukai.bizon.jp/rokuon/timetable.html
 
定時に鳴るサイレンの音、ガタガタ鳴るトロッコの音、唸りを上げるドラムカッターの音などなど池島ならではな音がたくさん入っていると思います。是非、「池島の音」をお聞きになってください。
 

登録カテゴリ: メディア