九州最後の炭鉱「池島」より

2001年に閉山した九州最後の炭鉱「池島炭鉱」。その池島の歴史、見所、行き方、そして今を綴ります。

2 リアクション

7/20 『池島カフェ〜 小島健一が語る池島体感記II 池島がやってくる』を開催します。

このブログの管理人である小島は、池島が閉山して10年の2011年10月から池島に住み着き約3年。その間にトロッコを使った炭鉱さるくが始まり、島を訪れる人も10倍以上に増えました。
池島ではいったい何が起きたのか?小島の視点でこの3年を語ります。地域おこしやソーシャルメディアなどにご興味ある方は是非いらしてください。
また、今年から大阪大学を中心に様々な視点から池島を研究する「池島プロジェクト」が始動しました。研究対象としての池島、教育の場としての池島などにご興味ある方も是非お越しください。
そして、今回は「池島がやってくる」をテーマに、長崎市所蔵の炭鉱閉山前の写真で構成する写真展「思い出の池島」も同時に開催しますよ。その他あっと驚く仕掛けで会場に池島をお届けしちゃいます!お楽しみに!
日  時:7月20日(日)13:00開場 
     イベント開始14:00~ 懇親会17:00~(18時終了予定)
会  場:長崎県勤労福祉会館3階大会議室 長崎県長崎市桜町9−6
定  員:50名
イベント参加費:予約500円、当日1000円(いずれもフェアトレードコーヒーが1杯つきます)【出演】
■総合司会 
長崎外国語大学 特任講師 成瀬尚志長崎市地域おこし協力隊池島担当 小島健一■ゲスト神戸大学大学院経済学研究科 教授 石川 雅紀大阪大学 全学教育推進機構 准教授 中村征樹大阪大学 e-square 助教 市田秀樹株式会社「旅と平和」代表 佐谷恭NPO法人「リコリタ」代表 真田武幸カオサン京都シアター 山戸 惠利加
長崎外国語大学「池島プロジェクト」メンバー
主催:長崎外国語大学
後援:長崎市
事前予約は↓(こくちーず)よりお願いします。http://kokucheese.com/event/index/190721/
 

7/20 『池島カフェ〜 小島健一が語る池島体感記II 池島がやってくる』を開催します。


このブログの管理人である小島は、池島が閉山して10年の2011年10月から池島に住み着き約3年。その間にトロッコを使った炭鉱さるくが始まり、島を訪れる人も10倍以上に増えました。
池島ではいったい何が起きたのか?小島の視点でこの3年を語ります。地域おこしやソーシャルメディアなどにご興味ある方は是非いらしてください。
また、今年から大阪大学を中心に様々な視点から池島を研究する「池島プロジェクト」が始動しました。研究対象としての池島、教育の場としての池島などにご興味ある方も是非お越しください。


そして、今回は「池島がやってくる」をテーマに、長崎市所蔵の炭鉱閉山前の写真で構成する写真展「思い出の池島」も同時に開催しますよ。その他あっと驚く仕掛けで会場に池島をお届けしちゃいます!お楽しみに!


日  時:7月20日(日)13:00開場 
     イベント開始14:00~ 懇親会17:00~(18時終了予定)
会  場:長崎県勤労福祉会館3階大会議室 長崎県長崎市桜町9−6
定  員:50名
イベント参加費:予約500円、当日1000円(いずれもフェアトレードコーヒーが1杯つきます)

【出演】
■総合司会
長崎外国語大学 特任講師 成瀬尚志
長崎市地域おこし協力隊池島担当 小島健一

■ゲスト
神戸大学大学院経済学研究科 教授 石川 雅紀
大阪大学 全学教育推進機構 准教授 中村征樹
大阪大学 e-square 助教 市田秀樹
株式会社「旅と平和」代表 佐谷恭
NPO法人「リコリタ」代表 真田武幸
カオサン京都シアター 山戸 惠利加
長崎外国語大学「池島プロジェクト」メンバー

主催:長崎外国語大学
後援:長崎市

事前予約は↓(こくちーず)よりお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/190721/
 

登録カテゴリ: イベント お知らせ 長崎 池島 大学連携

309 リアクション

15万枚を超えるレコードが聴き放題の『音浴博物館』



今回ご紹介するのは、池島の対岸「神浦」、「瀬戸」から車で20分程度の場所にある『音浴博物館』です。


ここは、元々学校として使われていた施設を改造し、故栗原榮一朗氏が所有していたレコードや、プレーヤー、雑誌類などを元にしたコレクションを展示・活用している博物館です。なんと100年以上前の蓄音機なんかもあり、その音を聴かせてもらえます。
レコードは、現在数えているだけでSP1万枚、LP15万枚はあるそうで、寄贈などでまだ増えているのだとか… 昭和の歌謡曲、演歌、民謡、クラシック、洋楽、サントラなどなど実に様々なレコードが保存されています。

この博物館の面白いのは、ただ展示しているだけでなく、実際に見て聴いて触れるところ。館内に置かれている(埋もれている)レコードを出してきては、そこら辺にあるプレーヤーにかけて再生してかまわないのです。もちろん丁寧に扱う事は大前提ですが、再生する事自体にはなんの遠慮もいりません。
さらに興味深いのは、館内の端っこ(一番上の写真)に年代物のスピーカー、アンプ、プレーヤーが何十と設置されたオーディオルームがあり、自分でピックアップしたレコードを、自分の好きなオーディオ機器の組み合わせで再生できます。係の人にどういう音の指向がいいのか話せばそのセットを選んでくれますし、何より素晴らしいのは「その音楽が生まれた時代」のオーディオセットで音楽を再生してくれるのです。例えばビートルズのレコードを「当時の音で聴きたい」とリクエストすると、1960年代に発売されていたアンプやスピーカーをつないで音楽を聴かせてくれるわけです。これはどういう事かというと、その時代の「空気感」を再現してくれる事に他ならないのです。
昔のオーディオ機器は今のようにシャープでシビアな音は出ませんが、それがまた「味」として素晴らしい聞き心地だったりします。逆に昔のレコードを現代の機器で再生すると、昔は聞こえなかった音が聞こえてきたりするので、それはそれで楽しいものです。
と言った具合に、この音浴博物館は、単に展示を見るだけでなく、その名の通り音を浴びれる体感型博物館なのです。

レコードの他にも昭和に発売されていた本や雑誌などもたくさん所蔵しているので、音楽を聴きながらそれらの本をゆったり読み耽ることも可能です。(別料金ですがコーヒーも出してくれます)
いやホント、音楽好き、オーディオ好きな方なら、ここに音楽を聴きにくるだけでも長崎に来る価値ありますよ!そして、行くなら1日こちらで潰すつもりでどうぞ!(30分〜1時間程度しか暇がない中で行くとたぶん後悔します)


音浴博物館
長崎県西海市大瀬戸町雪浦河通郷342−80
TEL 0959-37-0222 
開館時間 10:00-18:00
休館日 月曜日(休日除く)
一般500円、小中学生250円、小学生未満 無料

県民の森(山奥)の近くにあり、外界とは隔絶されたような場所で公共交通機関では行けません。が、その分静かでくつろげる場所ですよ!

登録カテゴリ: 長崎 nagasaki 併せて巡る 観光 music

8 リアクション

池島には何で行くか?乗り物編(2人以上ならレンタカーがオススメ)

こちらも併せてご覧ください!→【池島へ行くには?

長崎空港を出発地とした時、「池島には何で行くか?」
大まかに考えると以下の3つの行き方があります。
 1.長崎市中心部経由でバス旅+船
 2.佐世保市中心部経由でバス旅+船
 3.レンタカー+船

個人的には2人以上の旅なら断然レンタカーの利用をオススメします!

地方のバスは煩雑な上、来るのは1時間に1~2本。移動距離が長くなると乗り継ぎのタイミングなどで大幅に時間をロスします。レンタカーの場合そういった心配もありませんし、費用の面からも2人以上ならガス代込みでも他の移動手段よりも安くなると思います。
また、地方旅行の楽しみはいかに「寄り道」するかだったりもしますので、レンタカーを借りていれば寄り道し放題というわけです。

もう少し詳しく書きましょう。
1.長崎市中心部経由でバス旅+船
費用:片道1人約2000円。往復で1人約4000円。
時間:バス旅2時間半、船30分。直線的に移動した場合。
 
メリット:そこそこ安上がり
デメリット:乗り換えが多く気が抜けない。時間もかかりけっこう疲れる。

免許を持っていない方、旅先での事故が心配な方などにオススメです。
昼くらいまでに長崎空港に到着し、バスに乗って大波止に行き「軍艦島に上陸」。帰ってきたらグラバー園でも見て夜は中華街か銅座で過ごし宿泊。
2日目の朝、池島を目指す!(午前8時くらいに出発)というのが良くあるプランです。バスの乗り換えや船との乗り換えの時間が、極端に短かったり、長かったりする(要は船とバスの調整がとれていない)ので、船やバスを30分待つ事もざらです。ご注意ください。
 
 
2.佐世保市中心部経由でバス旅+船
費用:片道1人約3500円。往復1人7000円。
時間:バス旅1時間。船1時間。

メリット:乗り換えがバスから船の1度だけのため移動が楽。うまく乗り継げば一番速い。
デメリット;移動費がけっこうかさむ

乗り換え自体は楽なのですが、船が1日に2便(7:20、14:20)しか出ていないため、長崎空港に昼までに着かなければ、池島の当日到着は狙わない方がいいでしょう。佐世保からバスで池島を目指す(正確には対岸の港)のはかなり難度が高くオススメできません(料金的にも高いです)。
1泊目は佐世保の九十九島クルーズ海きららという水族館に行ったり、はたまた海上自衛隊の博物館「佐世保史料館」に行ったりしつつ時間を過ごし、夕飯は佐世保バーガーレモンステーキ、夜は外人さん向けのバーで酒を飲むのもよろしいのではないかと。
あと、佐世保には昔花街があり、今もその面影が残っているので、そこらへんを探索するのも面白いですよ。(参考リンク:集落町並みウォーカー:佐世保勝富
それから、防空壕を商店街に利用した「とんねる横町」なんかも見所のひとつではないかと。(参考リンク:○防空壕&トンネル横丁♪ - 空母の見える街Ⅱ
土日は海上自衛隊の見学会もやってる事が多いです。
二日目、朝7時20分に池島行きの船が出ているのでそれに乗れば、午前8時半には池島に到着です。
 
 
3.レンタカー+船
費用:レンタカー2泊約8000円〜+ガス代+高速代+船片道1人440円。
時間:直線移動で1時間半、船30分
 
メリット:2人以上なら他の移動手段より安価かも。寄り道がしやすい。
デメリット:運転が疲れる。返却を念頭においたスケジュールをくまなけれならない
 
最近のレンタカーは非常に安くニコニコレンタカーJネットレンタカーなどでは、軽自動車(48時間)なら7000〜10000円程度で借りる事ができます。
レンタカーを借りれば佐世保方面からでも長崎方面からでも自由に来れます。
佐世保方面なら、ハウステンボスに寄ったり、川棚町の魚雷試験場などの戦跡群(参考リンク:廃虚・近代遺跡写真館川棚町戦争遺跡)、宮地区の史跡「無窮洞(むきゅうどう)」、130mを超える巨塔「針尾送信所」あたりを一緒に寄るのもよろしいのではないかと。(ここら辺の事はまた後日違うエントリーに書きます)。

長崎方面なら、街の中心部はひとまず置いておいて、池島の対岸「外海」に世界遺産候補の教会群があったりするので、それらを訪れてみるのもいいですよ。個人的には外海の山奥にある「音浴博物館」という15万枚を超えるレコードを当時のオーディオ機器で聴きたい放題な博物館もオススメします。
あと、長崎の地の物(魚や物産)に触れてみたい方には、長崎⇄神浦間にある道の駅「夕陽が丘そとめ(神浦から車で10分の距離)」や、「長崎漁港がんばランド(神浦から車で30分の距離)」をオススメします。採れたてで新鮮な魚、野菜、フルーツなどが手に入る他、お土産にもできるお菓子なんかも売っています。ここら辺のお店で買い物をして池島で一泊というのもなかなかオツですよ。
池島島内は小さな島なので車をフェリーに積み込む必要はあまりありませんが、積み込むとしたら軽自動車で片道2000円くらいです。
 
  
なお全部のコースに共通しますが、行きは長崎方面ルートで、帰りは佐世保方面ルート。というふうに別ルートから帰るのも結構楽しいですよ。
※高速船を使い池島→佐世保→長崎空港と行く場合、空港到着は早くても19時くらいになります。帰りの飛行機に気をつけてください。

登録カテゴリ: 長崎 池島 離島 行き方

5 リアクション

5月19日より池島郵便局が池島簡易郵便局に変わりました


これまで池島郵便局は日本郵便株式会社の直営郵便局だったのですが、2014年5月16日(金)で閉局し、同年5月19日(月)から簡易郵便局(島に住む人への委託)となりました。
大きな変化としては、職員さんが減った事、ATMが無くなった事でしょうか。
郵便物に関してはこれまで通り回収・配達して貰えるので、一般生活としてはあまり大きな変化はなく、お金の出し入れが少し手間になった程度でしょうか。郵便局が全く無くなってしまったらちょっとした郵便を出すにも対岸まで渡らなくてはならなくなります。今回、島の方が立候補し簡易郵便局が残った事はとても有り難い事だと思います。


なお、「ポスト型池島郵便局ポストカード」は、在庫限りですが島内では「ひろせ酒店」にて買えるようです(100枚限定)。また島外では、外海の神浦郵便局でも買えるそうです。

登録カテゴリ: 長崎 池島 離島 郵便局

7 リアクション

角力灘(すもうなだ)に浮かぶ兄弟島の物語


一番上の写真は道の駅「夕陽が丘そとめ」から眺めた池島です。外海(そとめ)地区周辺の海を角力灘と呼ぶのですが、池島の手前に3つの島(左から大角力・母子島(はこしま)・小角力)が見えます。
その島には昔からの言い伝えがあるので、こちらに書いておきます。
 

兄弟島
外海町の沖合にある角力灘に、島の真ん中に穴があき、帆をかけ舟もそのまま通り抜けられる一見奇抜な島がある。穴があいているので、普通ほんげえ島ともいう。別名、兄弟島また、相撲をとっている形をした大きな島と小さい島があるその大きい方で大角力ともいう。
昔、ある漁師の父親が魚とミカンを交換して帰り、兄弟二人に一つずつそのミカンを与えた。兄弟は自分の小さい片方は大きいで、うばい合いになってケンカをしたので、父親は非常に怒って弟のは肩を、兄のは腹を切って二人を縛り、海に放り投げた。(出津では川から流したという)それが岩になって、今日、兄弟岩と呼ばれるようになった。言い伝えでは、島の頂上には今もミカンの木があるという。肩を切られた形をした左側が弟で、腹をえぐり取られた形をした右側の高い方が兄であるという。兄弟げんかをする子どもたちの教訓の島として、眺められ語り継がれている。
 
外海町史より(原文まま)
上の文章は外海町の史実を記録している町史からの引用ですが、池島側から見た説明になっていますね。
それにしても、大角力のあの穴は刺し傷だったとは。子どもを刺したあとで海に投げ捨てる父親… 教訓の島として創作された物語とはいえ、なかなかのバイオレンスストーリーです。
写真は以前、外海から出ていた「グラスボート」に乗った際に撮影しました。残念ながら小角力には近寄った事がありません。

なお、現在グラスボートは廃止されてしまったのですが、今年4月から池島と神浦を結ぶ交通船「進栄丸」が角力灘と池島を周遊するクルージングツアーを開催しています。大角力の岩肌っぷりを間近で見たい方は是非とも参加してみてください。岩壁好きさん、地層好きさんは思わず唸る岩肌だと思います。
ご興味ある方は進栄丸のブログ↓をご覧ください。
貸し切りクルーズ(遊覧船)コース紹介 - 長崎市 遊覧船 進栄丸
↓こちらは料金です。
遊覧船料金 - 長崎市 遊覧船 進栄丸

蛇足になりますが、進栄丸は定期便以外でも池島⇔神浦の運航を行っています。定期船に乗り遅れてしまったり、夜間に行き来する場合や緊急時などにご利用ください。船の定員は12名です。
昼間 15,000円(片道)
夜間 20,000円(片道)
※夜間は日没後の料金です

なお、釣り目的で大角力・小角力に行かれるなら雄正丸を使うといいですよ。(進栄丸と雄正丸は兄弟船)
長崎県 大角力・小角力・黒崎地磯/瀬渡し雄正丸

登録カテゴリ: 長崎 外海 池島 言い伝え 瀬渡し 釣り 孤島

2 リアクション

市長との懇談会 外海地区 2013年8月23日議事録


もう9ヶ月ほど前の会ですが、議事録を見つけたのでシェアしておきます。
こういうのはまとめておかないと埋もれてしまいますから。

市長との地域懇談会 外海地区(平成25年8月23日)
http://www.city.nagasaki.lg.jp/syokai/710000/718000/p024479.html
——————————————————————
3 池島の観光事業について(池島連合自治会長 近藤秀美氏)
池島の観光産業については、多くの行政関係者の皆さまのご協力のもとに、大幅な観光客の増加があっており感謝している。しかしながら、池島活性の観光事業としては非常に厳しいものがあると思う。今後も、地域と企業が一体となって島の活性に向けて努力するので、長崎市のご指導ご協力をお願いしたい。
来年夏以降、神浦桟橋の改修工事が終了するので、これを機伒にバスを含めたダイヤ改正をお願いしたい。池島住民の生活路線として一番に考えなければならない。松島航路との兼ね合いもあり難しいと思うが、観光客を増やすためにも来島しやすいダイヤの編成も必要と思われる。
次に、進栄丸について提案したい。進栄丸は池島の生活路線として運行しているが、旅客定員が 12 名である。しかしながら、同型の瀬渡し船で定員が 20 名の船もある。定員 20 名なら団体の観光客にも対応できると思う。また、将来の池島小中学校の統合等も含め、進栄丸の充実が必要ではないかと思う。認可の申請や補助金等、事業者だけでは厳しいものがあると思われるので、県市の協力をお願いしたい。
また、改良住宅の利用について伺いたい。現在の改良住宅は、いろんな規制があり利用できないので、来島者からも、もったいないという声を聞いている。現在、人口交流を目的として、地域の住民が協力をして各種団体の受け入れ支援を行っている。昨年は長崎市に協力いただき、映画「池島譚歌」の撮影で、1 カ月の長期にわたり、池島開発総合センターで 30 名程の合宿をやっていただいた。今年度も、7 月 27 日から 2 日間、長崎北リトルシニアチームの親子 60 名に同センターで合宿をしていただき、素晴らしい環境の中で集中した練習ができたと喜んでいただいた。また、長崎市の学童の子どもたちの受け入れも行っている。そうした中で、多くの皆さん
から、このアパートを宿泊施設に使えないかというご要望がある。規制があって難しいと思うが、例えば1棟に 5、6 世帯しか入っていないようなアパートを集約して、宿泊できるようにできないか。
今までも、何回となく話をさせてもらっているが、ほとんど規約規制で難しいだろうという話である。しかしながら、池島は人口が激減しており、何とか前に進むように実現できないか。池島の活性は、観光事業と人口交流の受け入れ態勢の充実が第一だと思っている。
 
【回答】長崎市役所
神浦と池島を結ぶフェリーについては、平成 21 年 10 月に運航事業者において、使用する船舶の老朽化および航路収支の悪化を理由に、2隻あったフェリーの内1隻の廃船、併せて神浦港桟橋の老朽化の影響を受け、池島~神浦間の便数が大幅に削減された。そのため、池島の朝夕の通勤や通学および通院等の住民生活に配慮して、野菜船運搬事業として運航されていた船舶を活用し、離島航路維持対策の一環として「地域交通船」進栄丸を運航する事業者へ運航経費の欠損を補助することで、航路の維持・確保を図っている。
このような中、長崎県では神浦港桟橋の架け替えの工事が、平成 26 年中の完成を目標に進められており、完成後は神浦港からの大型車両の乗り入れが可能になる。
このようなことから、神浦港や瀬戸港から池島へ運航されているフェリーや高速船、さらには、これに接続する路線バスの利便性の向上を図るため、運行ダイヤについて運行事業者を含め関係者と協議を進めたいと考えている。
また、進栄丸の定員が 13 名以上になると旅客船としての扱いになり、現在のような不定期に行う乗合旅客の運行はできなくなってしまう。定期航路として運航することになると、一つの航路に 2 事業者が運行し唯一航路でなくなるため、国からの補助が受けられなくなる。このようなことから、神浦港桟橋の架け替え工事の完成に合わせ、現在運航しているフェリーや高速船の神浦池島間の就航について、航路事業者を含め関係者と協議を進めたいと考えている。
続いて、改良住宅を宿泊施設にできないかとの要望については、現在のところ、港近辺の改良住宅には入居者がいるため、入居者への配慮や生活するうえでの管理上のさまざまな問題なども考えられることから、難しいと考えている。また、制度上の問題解決も図る必要がある。
しかしながら、入居者がいなくなった後であれば宿泊施設としての利用は可能であると考えられる。この場合も、法的な手続きや、宿泊施設としての設備整備などが必要となるため、関係各課と協議しなければならないと考えている。

【市長】 田上富久長崎市長
今の制度では難しいことが多いが、何かできる方法がないのかということを考えることは大事だろうと思う。実際に来ている人たち、子ども会や児童クラブの合宿、釣り客とかも多いのか。
 
(関連意見)池島連合自治会長 近藤秀美氏
5 台の電動自転車の利用者が、昨日の時点で去年の倍くらいに増えている。今までは、軍艦島から池島という観光客の流れだったが、最近は池島を見に来たというお客さまが増えている。長崎や佐世保に泊まって池島に来たというお客さまが多い。宿泊施設としては、池島には中央会館があるが、トイレや風呂が共同であるため、女性のお客さんで嫌がる方も多い。観光客数は、長崎国際観光コンベンション協会を通じて報告されていると思うが、それ以外に個人で来ている方も多い。そういう方も入れたらもっと多くなると思う。
いつも活性化の時に話が出るが、池島にお金が落ちる仕組みが全くできていない。例えば、アパートを利用した宿泊施設を地域で運営管理させていただいてお金が落ちるようなシステムづくりをしていかなければつながっていかない。地域で何かやろうというときでも、ここは企業の土地だから立ち入り禁止など差しさわりがたくさんある。そのあたりを、市や県に調整していただいて、地域の人が炭鉱施設の中を案内して、その人たちにお金が落ちる仕組みづくり等をやってもらわないと、いくら市から声をかけていただいても、そういう規制があったりするので動けないことがある。
 
【市長】
宿泊施設は、中央会館を少し手入れするより、また違うやり方でした方がいいということか。
 
(関連意見) 池島連合自治会長 近藤秀美氏
釣り客は朝が早いので、船で渡ってきて車の中で寝泊まりして魚釣りをしている。「こんなところにアパートがあるのなら泊まらせてほしい」というお客さんが多いので、何とかアパートを利用できないかと思っている。
 
【市長】
いずれにしてもクリアしなければならない課題がいくつかあるので、一緒に考えてみたい。

登録カテゴリ: 池島 長崎 長崎市 会議 議事録

10 リアクション

【お土産にどうぞ】池島ポストカード


池島に来たら是非とも見ていただきたい場所の写真でポストカードを作りました。
表はカラーで坑内、トロッコ、火力発電所、アパート群、ジブローダーの写真。(表はビニール加工してあります)
裏はモノクロで、八階建てアパート、港、公営住宅、女神像、四方山 の写真。
5枚1セットでの販売となっております。
池島島内での「ひろせ酒店」か、ネットショップ「マニマニ」でお買い求めいただけます。マニマニではマニアパレルのピンバッチも販売しています。
どうぞよろしくお願いします。

登録カテゴリ: お知らせ 長崎 池島 お土産

5 リアクション

2014年5月19日、池島郵便局が簡易郵便局に変わります。
 
郵便局から
※ご愛顧いただきました池島郵便局は、平成26年5月19日(月)を持ちまして、池島簡易郵便局に局種変更いたします。 なお、ATMコーナーにつきましては、局種変更に伴い平成26年5月16日(金)17時30分を持ちまして取扱いを終了いたします。
池島郵便局‐日本郵政http://map.japanpost.jp/pc/syousai.php?id=300176315000
なお、簡易郵便局に変わるにあたり「ポスト型池島郵便局ポストカード」の販売は終了するようです。お買い求めは現地で直接どうぞ!(簡易郵便局に変更後、しばらくは「ひろせ酒店」にて扱うそうです)

2014年5月19日、池島郵便局が簡易郵便局に変わります。



  郵便局から

※ご愛顧いただきました池島郵便局は、平成26年5月19日(月)を持ちまして、池島簡易郵便局に局種変更いたします。 なお、ATMコーナーにつきましては、局種変更に伴い平成26年5月16日(金)17時30分を持ちまして取扱いを終了いたします。

池島郵便局‐日本郵政
http://map.japanpost.jp/pc/syousai.php?id=300176315000



なお、簡易郵便局に変わるにあたり「ポスト型池島郵便局ポストカード」の販売は終了するようです。お買い求めは現地で直接どうぞ!(簡易郵便局に変更後、しばらくは「ひろせ酒店」にて扱うそうです)

登録カテゴリ: 池島 長崎 お知らせ

82 リアクション

寺田克也作「悟空、池島を飛ぶ」が池島中央会館で見れます。


先月ようやく寺田さんの絵を池島中央会館に展示できたので、だいぶ時間が経ちますが昨年開催した長崎炭鉱島クリエーターズツアーの続きを書きます。
2013.6.18〜19 開田裕治さんを中心とする22名のクリエーターが長崎に集まり、池島と軍艦島を視察しました。池島の見学に関しては【池島視察編】をご覧ください。


「池島」での視察時、坑内見学終了後、地域との交流として池島小中学校で「イラストレーターと絵を描こう」を開催しました。
開田さんは小中学生に絵(ドラゴン)の描き方を教えるワークショップを、寺田さんは悟空と池島をモチーフにしたライブドローイングを行いました。


動画を見ていただければわかりますが下書きはありません。寺田さんはマッキーを手に取ってから30秒くらいで描きはじめ、時々絵と距離をおきながら迷う事無く線を描き、記念撮影など挟みつつも、約1時間で絵を完成させてしまいました。
模造紙2枚分という大きなキャンパスにすらすらと絵が描かれていく様子はまるで魔法のようでした。


この絵は現在、池島中央会館の1Fロビーに展示しており、どなたでも間近でご覧になれます。池島を訪れたら是非中央会館を訪れ寺田さんの絵もご覧になってください。

・関連リンク
長崎炭鉱島クリエーターズツアー【池島視察編】
池島で唯一の宿泊施設「池島中央会館」
開田無法地帯TOP(開田裕治さんの公式サイト)
terras book(寺田克也さんの公式サイト)
terra’s book blog

登録カテゴリ: 寺田克也 terada katsuya 長崎 池島 nagasaki クリエーターズツアー 開田裕治

3 リアクション

教育と池島
一昨年から少しずつ始まっていた大阪大学の「池島プロジェクト」が、今期より正式な授業として開始しました。
距離的には遠い大学ですが、事前の予習を繰り返し9月には泊まり込みで池島での実地調査も行うことで、産炭地「池島」から戦後の日本史を読み解くという意欲的な授業です。私も現地のコーディネーターとして参加しています。
なお、今回のプロジェクト開設にあたり特設サイトも作られています。
このサイトは今後「長崎外国語大学」やその他の「池島プロジェクト」に参加する教育機関の活動をまとめるポータルサイトに発展するようです。
 
池島に一番近い大学「長崎外国語大学」も、プロジェクト科目として昨年から池島の地域振興に取り組んでいます。
池島のパンフレットを作ったり、映像で池島を残すプロジェクトなどあり、今後の成果物が楽しみです。
また、4月5日、長崎大学教育学部新入生と教員の272名が、研修で池島を訪れました。炭鉱見学をはじめとしてウォークラリーなどを通して、長崎の歴史の一端に触れるとともに、友人との親交を深められたのではないかと思います。
それぞれの学校で目的は違えど、学生さんたちが島に来るとそれだけで活気が出ますし、学生さんたちのネットワークで池島の認知も広がる事から、池島を教育の場として使っていただけることは嬉しいです。
池島では今後も教育の場として使ってくださる教育機関を募集しています。観光的な観点で遠足として訪れていただくのも大歓迎ですし、炭鉱を中心としたロジスティックスやエネルギー史の調査、産業遺産の活用、離島の生態系調査、島の地域振興など様々な観点で池島を訪れていただければと思います。
大学連携の話題はこちらをクリックしてください。■池島の教育機関・研究機関受け入れ実績
長崎大学
大阪大学
長崎外国語大学
長崎ウエスレヤン大学
近畿大学
大阪産業大学
日本家政学会九州支部
その他、全国の中学・高校が社会科見学の場として池島を訪れています。
池島にご興味のあるご担当者様はお気軽に小島(ikeshimakankou@gmail.com)までご相談ください。

教育と池島



一昨年から少しずつ始まっていた大阪大学の「池島プロジェクト」が、今期より正式な授業として開始しました。
距離的には遠い大学ですが、事前の予習を繰り返し9月には泊まり込みで池島での実地調査も行うことで、産炭地「池島」から戦後の日本史を読み解くという意欲的な授業です。私も現地のコーディネーターとして参加しています。
なお、今回のプロジェクト開設にあたり特設サイトも作られています。
このサイトは今後「長崎外国語大学」やその他の「池島プロジェクト」に参加する教育機関の活動をまとめるポータルサイトに発展するようです。
 

池島に一番近い大学「長崎外国語大学」も、プロジェクト科目として昨年から池島の地域振興に取り組んでいます。
池島のパンフレットを作ったり、映像で池島を残すプロジェクトなどあり、今後の成果物が楽しみです。


また、4月5日、長崎大学教育学部新入生と教員の272名が、研修で池島を訪れました。炭鉱見学をはじめとしてウォークラリーなどを通して、長崎の歴史の一端に触れるとともに、友人との親交を深められたのではないかと思います。

それぞれの学校で目的は違えど、学生さんたちが島に来るとそれだけで活気が出ますし、学生さんたちのネットワークで池島の認知も広がる事から、池島を教育の場として使っていただけることは嬉しいです。

池島では今後も教育の場として使ってくださる教育機関を募集しています。観光的な観点で遠足として訪れていただくのも大歓迎ですし、炭鉱を中心としたロジスティックスやエネルギー史の調査、産業遺産の活用、離島の生態系調査、島の地域振興など様々な観点で池島を訪れていただければと思います。
大学連携の話題はこちらをクリックしてください

■池島の教育機関・研究機関受け入れ実績
長崎大学
大阪大学
長崎外国語大学
長崎ウエスレヤン大学
近畿大学
大阪産業大学
日本家政学会九州支部

その他、全国の中学・高校が社会科見学の場として池島を訪れています。

池島にご興味のあるご担当者様はお気軽に小島(ikeshimakankou@gmail.com)までご相談ください。

登録カテゴリ: 教育 大学連携 池島 離島 長崎

4 リアクション

4月17日ドォーモで池島が紹介されます。


先日、KBC「ドォーモ」の中島さん、長岡さんが池島を訪れ、「炭鉱見学」をはじめとして、普段は公開されていない炭鉱風呂や立坑などを取材されました。ラストではかあちゃんの店でちゃんぽんの取り合いも…。

放送は、4月17日に放送されるそうです。ご覧になれる方は是非ご覧になってください。

登録カテゴリ: メディア 離島 長崎 池島 お知らせ kbc

2 リアクション

池島町並みアーカイブ

■アーカイブ
2014年3月26日の池島
2014年5月1日の池島

 
GPSのタグ付き写真をGoogle Mapに張り込んだものです。
ページをスクロールしていただければ写真1枚1枚が表示されているので、池島の雰囲気がわかりやすいのではないかと。(その分重いです)

なお、このMAPの制作には…
1.GPSと写真記録にiPhoneアプリ「myTracks
2.GPSと写真をGoogle MAPにするにあたり「(Windows ソフト)」を使っています。
Google EarthのMAPなんかも作ってみましたが、写真が多いと見づらいので公開は止めました。

登録カテゴリ: 町並み 長崎 離島 産業遺産 池島 ikeshima nagasaki

0リアクション

2014年 第七回ステップUP池島釣大会4月20日開催!
毎年春の恒例となっています「池島釣大会」。今年はゴールデンウィークを避けて4月20日に開催することになりました。(荒天時4月27日に延期。延期判断は前日15時)
釣大会は午前5時半から受付スタート。検量は13時半まで。
今大会で検量対象になるのは、チヌ・クロ・他魚〔マダイ・イシダイ・バリ・ボラ・アラカブ・スズキ等(アナゴ、タチウオ、イカ等長物含まず)〕の 3 種となります。
なお、一般の部門(高校生以上の男性)、レディース部門(高校生以上)、こども部門の3部門になります。
また、釣大会以外にも、子ども用にプールを使った「魚つかみ(水着をご持参ください)」や「貝釣り」があったり、トロッコを使った炭鉱体験も行います(短縮版)。
その他、食のふるまい(豚汁・餅)やお弁当の販売などもありますので、お昼の用意をせずに来ても大丈夫ですよ!数に限りはありますが、釣り竿のレンタルもあります。なお当日は佐世保・大島・神浦の各港から専用チャーター船が出ます!■池島行きチャーター高速船
佐世保6:50発 大島7:20発 神浦8:00発 池島8:15着
■池島行きチャーター瀬渡し船
神浦-池島間 2隻体制で5:00よりピストン運行
■池島発チャーター船
池島16:00発 神浦16:15着 大島16:55着 佐世保17:30着
※チャーター船・瀬渡し船はいずれもどこから乗っても 片道大人500円、小人250円
大会の詳細は「第7回ステップUP池島釣大会要項書(PDF)」をご覧ください。
また、池島のどこでどんな魚が釣れるのかは「池島釣りマップ(PDF)」をご覧ください。前回の様子
・2013年第六回ステップUP池島釣大会を開催しました。
・2013年第六回ステップUP池島釣大会の結果
・2012年第五回ステップUP池島釣大会 終了しました!
・2012年第五回ステップUP池島釣大会入賞者

2014年 第七回ステップUP池島釣大会4月20日開催!



毎年春の恒例となっています「池島釣大会」。今年はゴールデンウィークを避けて4月20日に開催することになりました。(荒天時4月27日に延期。延期判断は前日15時)
釣大会は午前5時半から受付スタート。検量は13時半まで。
今大会で検量対象になるのは、チヌ・クロ・他魚〔マダイ・イシダイ・バリ・ボラ・アラカブ・スズキ等(アナゴ、タチウオ、イカ等長物含まず)〕の 3 種となります。
なお、一般の部門(高校生以上の男性)、レディース部門(高校生以上)、こども部門の3部門になります。

また、釣大会以外にも、子ども用にプールを使った「魚つかみ(水着をご持参ください)」や「貝釣り」があったり、トロッコを使った炭鉱体験も行います(短縮版)。
その他、食のふるまい(豚汁・餅)やお弁当の販売などもありますので、お昼の用意をせずに来ても大丈夫ですよ!数に限りはありますが、釣り竿のレンタルもあります。

なお当日は佐世保・大島・神浦の各港から専用チャーター船が出ます!

■池島行きチャーター高速船
佐世保6:50発 大島7:20発 神浦8:00発 池島8:15着
■池島行きチャーター瀬渡し船
神浦-池島間 2隻体制で5:00よりピストン運行

■池島発チャーター船
池島16:00発 神浦16:15着 大島16:55着 佐世保17:30着

※チャーター船・瀬渡し船はいずれもどこから乗っても 片道大人500円、小人250円


大会の詳細は「第7回ステップUP池島釣大会要項書(PDF)」をご覧ください。
また、池島のどこでどんな魚が釣れるのかは「池島釣りマップ(PDF)」をご覧ください。


前回の様子
2013年第六回ステップUP池島釣大会を開催しました。
2013年第六回ステップUP池島釣大会の結果
2012年第五回ステップUP池島釣大会 終了しました!
2012年第五回ステップUP池島釣大会入賞者

登録カテゴリ: 釣り 釣大会 長崎 離島

4 リアクション

3月30日心斎橋『池島カフェ』を行います。
3月30日(日)17:30〜21:00 大阪心斎橋のafuにて「池島カフェ」を行います。
このイベントでは全三部構成で池島の現在、過去、未来を語ります。
どこからご参加&ご退場いただいても構いません。■第一部(17:30〜18:50)は池島炭鉱が稼働している時の映画「海底炭鉱に生きる」を上映。■第二部(19:00〜19:50)は、関西を拠点に全国各地の産業遺産の活用・記録・見学を行うNPO法人J-heritage理事長前畑洋平氏を迎え「池島の魅力」の魅力について語り合います。炭鉱見学だけではない池島で「何を見るべきか」を話せればと思います。■第三部(20:00〜21:00)は、池島で授業を行う長崎外国語大学の講師成瀬氏と、4月から池島でのフィールドワークを導入する中村氏・市田氏によるディスカッション。教育を軸に池島では何ができるのか?今の池島には何が必要なのか?などを語っていただきます。日時 2014年3月30日(日)17:30〜21:00
   17:40から映画『海底炭鉱に生きる』上映
会場 afu 会ふ
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-9
商都ビル 屋上(心斎橋駅,四ツ橋駅より徒歩3分)
TEL:080-4010-3989
会費 1000円(1ドリンク付き)
司会  小島健一(池島地域おこし協力隊)
    成瀬尚志(長崎外国語大学特任講師)
ゲスト 前畑洋平(NPO法人J-heritage理事長)
    中村征樹(大阪大学全学教育推進機構准教授)
    市田秀樹(大阪大学 e-square 助教)
イベントのお申し込みやお問い合わせはFacebookページまたはikeshimakankou@gmail.comまで。
なお、当日のご参加も可能です。
afu 会ふ http://a-fu.org/ 
NPO法人 J-heritage(ジェイヘリテージ)|産業遺産を巡る旅ヘリテージツーリズム http://j-heritage.org/ 
ようこそ炭鉱体験「池島」へ-Ikeshima http://ikeshima.info/ 

3月30日心斎橋『池島カフェ』を行います。


3月30日(日)17:30〜21:00 大阪心斎橋のafuにて「池島カフェ」を行います。
このイベントでは全三部構成で池島の現在、過去、未来を語ります。
どこからご参加&ご退場いただいても構いません。

■第一部(17:30〜18:50)は池島炭鉱が稼働している時の映画「海底炭鉱に生きる」を上映。

■第二部(19:00〜19:50)は、関西を拠点に全国各地の産業遺産の活用・記録・見学を行うNPO法人J-heritage理事長前畑洋平氏を迎え「池島の魅力」の魅力について語り合います。炭鉱見学だけではない池島で「何を見るべきか」を話せればと思います。

■第三部(20:00〜21:00)は、池島で授業を行う長崎外国語大学の講師成瀬氏と、4月から池島でのフィールドワークを導入する中村氏・市田氏によるディスカッション。教育を軸に池島では何ができるのか?今の池島には何が必要なのか?などを語っていただきます。


日時 2014年3月30日(日)17:30〜21:00
   17:40から映画『海底炭鉱に生きる』上映
会場 afu 会ふ
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-9
商都ビル 屋上(心斎橋駅,四ツ橋駅より徒歩3分)
TEL:080-4010-3989
会費 1000円(1ドリンク付き)

司会  小島健一(池島地域おこし協力隊)
    成瀬尚志(長崎外国語大学特任講師)
ゲスト 前畑洋平(NPO法人J-heritage理事長)
    中村征樹(大阪大学全学教育推進機構准教授)
    市田秀樹(大阪大学 e-square 助教)

イベントのお申し込みやお問い合わせはFacebookページまたはikeshimakankou@gmail.comまで。
なお、当日のご参加も可能です。


afu 会ふ http://a-fu.org/ 
NPO法人 J-heritage(ジェイヘリテージ)|産業遺産を巡る旅ヘリテージツーリズム http://j-heritage.org/ 
ようこそ炭鉱体験「池島」へ-Ikeshima http://ikeshima.info/ 

登録カテゴリ: イベント お知らせ 長崎 池島

3 リアクション

ここ数年池島に通い、島内や、この島に住む人々を撮影している日大芸術学部写真学科の小池雄之さん。
卒業制作で学内選抜を受け3月6日から12日まで四谷のポートレートギャラリーで展示を行うそうです。
池島にご興味ある方はもとより、写真にご興味ある方は是非訪れてみてください。

四谷ポートレートギャラリー
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html

なお、小池さんの作品の一部は池島中央会館にも飾られているので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ここ数年池島に通い、島内や、この島に住む人々を撮影している日大芸術学部写真学科の小池雄之さん。
卒業制作で学内選抜を受け3月6日から12日まで四谷のポートレートギャラリーで展示を行うそうです。
池島にご興味ある方はもとより、写真にご興味ある方は是非訪れてみてください。

四谷ポートレートギャラリー
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html

なお、小池さんの作品の一部は池島中央会館にも飾られているので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

登録カテゴリ: 写真展 離島 長崎